2021年06月01日

KU様 工事記録①

かなり久々の更新になります。。。。

3人目の子の寝かしつけでそのまま私も寝てしまうという日々が またやってきて
しばらく公務員気分で仕事をしており 自営業者という事を忘れておりまして
数年ぶり?にキーボードを触っております。。前回途中で終わってしまっておる記録は
またいつか、、まとめたいと思っております。

今回は お隣の福岡県のKU様からyoutube経由?でお問い合わせがあり
湯布院の別荘の塗装工事の見積りを という事でご縁になりました。

普段は福岡県にお住まいで 工事の状況がわからないと思いますので
簡単ではございますが、工事記録を作成したいと思います。
*施主様だけが閲覧できる仕様にも出来るのですが、少々複雑で
すっかりやり方を忘れてしまったので、このブログで作成致します。

宜しくお願いします


5月25日 足場架設 2名

この日は写真を忘れたのですが朝方 KU様と打ち合わせ後 知人職人と2名で
足場を組み立てました。


5月26日 足場 手直し 調整 補強 他 1名

前日 11時スタートで 時間的に おおまかにしか組めず、このままでは非常に使いにくい
足場なので あれこれと いじります。

20210526_075448


まずは昇降階段の設置 今回は屋根まで一直線に登れる階段に出来ました。

20210526_084914


一般的な住宅の軒の長さは600ミリ位なのですが KU様宅は 異常に長く
雨樋まで1100ミリ位あります。今回屋根も塗装する都合上足場の柱は雨樋より
外側に建てなければいけません。

20210526_111614


そうすると 足場の踏板の位置が エライ遠い位置になってしまい届きにくいので

20210526_111624


内側にも全スパン柱を建てて もう1枚幅の細い踏板を1段あげて設置

20210526_111637


反対側も同様

20210526_151612


切妻側は破風や瓦を あたる時 標準の手摺位置だと エビ反り状態で
大変やりにくいんで アダプターを使い腰の手摺をセットバック。
ちょこっと届くにくい 感じなので、足掛けの手摺を セットイン? で設置

20210526_134423


KU様宅は 大変横に長い建物で メッシュシートを張ると
足場の中央部あたりが 微妙にグラグラします。
倒壊する事は無いでしょうが 念のため補強として外側に骨組みします。
これをアウトリガーというらしいです

20210526_144025


玄関側は 単管パイプで 「やらず」というつっぱり棒を建てます。

20210526_144057


切妻の2面は 横揺れ防止の筋交いを設置。

20210526_150101


この他 あれやこれやと 補強や微調整を16時近くまでやっておりました。

残った時間で 荷物の移動

20210526_161548


20210526_163153


20210526_163203


現在の状態も確認しておきました。縦目地のシーリングはKU様が
ご自身でされた との事ですので、今回はシーリング工事は不要です。

20210526_165017


20210526_165021


屋根面は年数相応な状態です。

20210526_165100


屋根の土や藻などが雨樋に蓄積されているようです。

20210526_165114


ジョイントが破損している箇所がありました。

20210526_165335


ナショナル製の雨樋(軒樋)は強度確保の為 薄い鉄板を塩ビでサンドイッチした作りに
なっており、集水マスの切り口など 鉄板が露出する部分は水がまわり錆びて
膨張し、塩ビ層と分離してしまう現象が見られます。

20210526_165446


いつもなら即座にメッシュシートを張るのですが、ご覧のように周囲は
めちゃめちゃ広いんで屋根吹付けの直前に張りたいと思います。

20210526_171812





5月27日 高圧洗浄 2名

終日雨という予報で 洗うには丁度良いお天気で、知人職人さんも雨天お休みなので
洗浄を手伝って頂く事になりました。

屋根と外壁をバッチリ洗おうとすると 私のトコの場合 機械1台では1日で終わらない
事が多い為 もう1台 マシンを購入しました。  家庭用の電気式の洗浄機が
60~70㌔圧くらいで 塗装屋さんがよく使っているエンジン式のタイプで150㌔圧
で この2台は200㌔まであがります。燃費悪いですが。

20210527_095200


2台共に180㌔圧で設定し モニエル屋根洗いからスタート。
この洗浄の程度がキモ との事なので これ以上もう落ちません という状態まで
竜巻回転するノズルを装着して削り落とします。

20210527_100656


藻が生えて濡れている所を踏むと すごく滑って危ないので下~上へと
洗い上がっていきます。

20210527_101620


20210527_103332



20210527_120022


北面は特に藻が多く発生しておりまして

20210527_132109


足場の上が すごい事になってました

20210528_100506


その後 バルコニーの土間や 壁面などを洗浄

20210527_162647


20210527_163203

屋根面積がだいぶ広くて 思った以上に時間を要し 2名=2台で乗り込んでも
完了できませんでした。



5月28日 洗浄2日目 1名

またまたマシンをセッティング。

20210528_075255

昨日の続きで
バルコニー周辺の外壁 軒裏  土間などの洗浄からスタート。

20210528_085854

コンクリの擁壁や基礎部なども含めて 15時頃に完了。
残った時間で何かしようかとも思いましたが くたびれたんで撤収しました。



5月29日 器具類取り外し シーリング 1名

今回 シーリングについては手をつけない予定でしたが
サッシ周囲の状態を見ると このままではな~ と思い当方の判断で
少しだけあたる事にしました。

20210529_084218


これからの作業を行うにあたり、障害となるものを あれこれと取り外しておきます。
堅樋が ここにあると いろいろと困るんで

20210529_084229


バンドを外して

20210529_084327


撤去 これでこの部分のシーリングも行えます

20210529_084353


埋め込みの部分は 後でジョイントで繋ぐ事として切断

20210529_084539


20210529_085153


エアコンの化粧配管カバーも

20210529_090119


取り外し

20210529_090552


雨戸を全閉じにすると 矢印の

20210529_091942


外壁10センチ位が 塗装できません。

20210529_091947


朝一番 管理事務所から鍵を預かり 雨戸ロックを解除 ブレーカーオンして
鍵を返却しました。

なので無事雨戸も取り外し成功

20210529_092227


手摺に立てかけて テープで固定しております。

20210529_092235


この雨戸の収納レールも

20210529_092417


外してしまいます。 以上を全箇所

20210529_095215


こういう配線も イッショクタに塗りたくりたくないので取り外し

20210529_114756


このメーターの配管もバンドを外して 配管を浮かせて~~ としたい所ですが
グラグラになると機器の安全装置が働いてガスストップ というのを何度も
経験しているので、これについては外せません。

20210529_115406


縦目地は1箇所だけ残っている所がありました。

20210529_130517


なので撤去。昨日の洗浄で内部を湿らせていると思うので
2日間放置して乾燥させておきます。

20210529_130749


エアコン化粧配管カバーに隠れていた部分も同じく

20210529_130822


20210529_131100


KU様宅の破風 鼻隠し板は あいじゃくり式で元々シーリングレスだったようですが
破風の頂上部は切断して突き合わせておりシーリングされている形跡が見られたので
この2箇所だけは撤去して

20210529_131107


打ち代を確保するべく少し溝を掘り広げます

20210529_131752


サッシ周囲は打ち換え ではなく 打ち増し を行います。
なので その為のテープ貼り

20210529_135252


接着面が少ないと剥離 破断の原因になるんで
既存よりもだいぶ幅広めにテープを貼ります。

20210529_135303


こういう出っ張りのあるサッシはカッター等がうまく入らず
そもそも撤去が難しいです。なので打ち増す訳ですが
出っ張りの内側にテープを貼ると非常に薄くしか
打設できませんので これくらいの幅の部分は 材料を大量に消費しますが
この空間ごとまるっと埋めてしまいます。

20210529_140933


浴室出窓脇の

20210529_144916


この空間も まるっと埋めます

20210529_144921


20210529_150644


雨戸収納レールが装着されたままだと ▼ の右側面は
うまくシーリングできないんですねー

20210529_150652


20210529_151102


残り時間的に全部打設して帰るのは不可能なので
数量の少ない 東 西の2面のみ行う事にしました。

接着剤的液体のプライマーを準備

20210529_153005


クイっと曲がった刷毛を使い出っ張りの内側も
しっかりと塗っておきます。

20210529_154116


20210529_155422


効果があるかどうか わかりませんが、まるっと埋めの部分の
サッシの突き当たり面に3面接着防止の為の
ボンドブレーカーを貼り付け

20210529_160217


打ち込み道具を一式準備。

20210529_162004

大 中 小 3つのヘラを場所に応じて使いわけます。

20210529_161837


まるっと埋めの箇所は ものすごく材料消費します。

20210529_172121


20210529_172329


にょろにょろと盛った後 ヘラで数回押さえて仕上げ

20210529_174105


20210529_174141


20210529_174145


東西2面の打ち増しが完了 次回は南北2面のシーリングと トタン部分の下地調整を
行う予定にしております。

帰りにシカと遭遇しました。 (^^)

20210529_181700











hojyotosouten at 00:34コメント(0)ku様 別荘塗装工事記録  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
当店ホームページ↓
本日の閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去の塗装工事記録
●モルタル外壁塗装工事
木部漂白&防腐剤塗装
モルタル外壁塗装工事,木部漂白&防腐剤塗装
●サイディング外壁塗装工事
サイディング外壁塗装
最新記事
一応登録しました
人気ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ