2017年11月03日

【11月1日2日】養生撤去 破風 鼻隠し板上塗1回目 軒樋塗装(1名×1.5日)| 津久見市S様邸 

(11月1日)  本日は 午後から生命保険加入の為の健康診断の予約が
入っておる為、お昼前まで作業を行いました。

軒樋の塗装を済ませておきたいところでしたが 
本日は尋常じゃなく夜露がおりており 塗料を扱う作業は中止。

20171101_081919


養生ナイロンの撤去を帰るまで(お昼まで)行いました。

20171101_082014


20171101_085300


20171101_090950


シーリングの打ち増しを行わなかったバルコニー内部のサッシは
埃汚れの付着した旧シーリングの上に塗装を被せてある為
密着が弱く 養生テープと一緒に一部塗装が
剥がれてしまいました。  後日手直ししておきますが、
ここのシーリング上部の塗装は 経年後剥がれる恐れがあります。

20171101_092902

養生の撤去は まだ残っておりますが、後日続きを行います。




(11月2日) 先日 交換した破風納めのビス穴をパテ埋めしたのですが
ビスを深く沈めすぎたのもありますけど、1回目パテ~2回目パテまでの
乾燥時間が不十分だったのか  そもそも痩せやすい材料なのか
凹んでいるのが気になっていたので

20171102_084359


もう1回 パテ

20171102_084641


その後 竪樋の金具を復旧

20171102_085902


20171102_091643


破風 鼻隠し板等 付帯塗装物の上塗を準備

20171102_094501



東面の破風からスタート  瓦の内側の覗き込まないと見れない奥のほうは
細い刷毛でギリギリまで塗り込みたいところですが、
「ある程度奥まで」で妥協しました。

20171102_100645


それから鼻隠し板 と ステンレスの樋金具も同様に塗布
ちなみに この樋金具も ケレンして 下塗して~と 手間をかけるのが
理想なんですが、費用 対 効果で そこまで出来んな、、と最近思うようになって
数年後 金具部分の塗装が剥がれると思いますが このまま1回だけ
塗る という仕事に最近は落ち着いております。
*ステンレスなので、塗装が剥がれても「害」はありません。

20171102_102239


幕板も同様に塗布

20171102_161052


破風 鼻隠し板 幕板の上塗1回目が完了した後
屋根にあがり 軒樋の塗装前の下地調整を行います。

20171102_143540


もじゃもじゃのサンドペーパーで こする「目荒し」を行います

20171102_143844


あまり深い傷を入れると 塗っても消えなくなるので
▼これくらいのスクラッチ傷を全面に入れていきます。
こうする事で 何もしないで塗るよりも断然塗料の食いつきが
向上しますが、ほとんどの業者が省略 か 簡単に済ましていると思います。

20171102_143909


▼の集水マスが複雑な形状なので きちんと目荒ししようとすると
塗る事と同じ位か それ以上の時間かかります。

20171102_150849


で、目荒しによって生じた埃を清掃

20171102_145250


そして この状態で塗布  

20171102_154900


20171102_160410


20171102_164552


今回のような外付け金具の場合 取り外した状態のほうが
目荒しも塗装も 確実 且つ スピーディに行えます。

20171102_164601


20171102_164608

次回 軒樋を復旧して 屋根塗装の工程に移りたいと思います







hojyotosouten at 00:47コメント(0)大分県津久見市sa様宅 塗装 シーリング工事  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
当店ホームページ↓
本日の閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去の塗装工事記録
●モルタル外壁塗装工事
木部漂白&防腐剤塗装
モルタル外壁塗装工事,木部漂白&防腐剤塗装
●サイディング外壁塗装工事
サイディング外壁塗装
最新記事
一応登録しました
人気ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ