2017年10月27日

【10月18日】トタン部ケレン 打ち増しシーリング準備 破風納め撤去(1名)| 津久見市S様邸 

「ケレン」は戸袋以外にも行う部分があるので まずはそれを行います。
バルコニー下部の 矢印の奥に

20171018_084006


雨押さえ(雨切)というトタンがあるので、サンドペーパーでケレン

20171018_084013


これくらい傷を入れておくと かなり接着性が向上します

20171018_091324


基礎上の細いトタン(土台水切り)も同様にケレン

20171018_100626


霧雨が、ポツポツ降ってきましたが、サッシ周囲のシーリングの為の
テープ貼りだけ済ませておくことにしました。

20171018_153025


こういった箇所も打設予定です

20171018_153014

化粧胴差の上部は水が溜まり易いので、水切れが良いように
スロープ状に打設しておこうと思います。

20171018_153018


20171018_153041


雨がポツポツと降ってきましたが翌日の段取りを考慮して作業続行

破風板そのものは外壁と同じくサイディング材ですが、
三角形の部分(破風納めというらしいです)は軒裏に使用されているものと
同じケイカル板(ケイ酸カルシウム板)というサイディングよりも水分に弱い材質
のものを使用しております。新設時の塗装が しっかりとした工程を経て行われていれば
そこまで酷く劣化しないのですが 安い塗料で
上塗を1回か2回塗ってお終い というのがごくごく普通の新築塗装仕様な為

20171018_153133


水分吸いまくって 基材そのものが ふやけておりまして
高圧洗浄で圧をあててみると 案の定 基材がはじけ飛んでしまいました。

20171018_153140


見積り 商談の時 この事はお伝え済みですが、↑ これくらいになると
塗ってもダメかな~ と思いましたので 1部状態の良い部分を除いて
全部 張替える事に致しました、バールで釘を抜き 板を撤去。
撤去した板を定規として 新しい破風納めを作成しますが
場所によって寸法が違うので、どこの場所か板にメモしておきます。

20171018_153421


そこまで雨がガンガンに当たらない1階屋根の破風納めは
基材はしっかりしていたので 生かす事にしました。

20171018_154122


2階部分は全て撤去

20171018_155518


合計9箇所 交換する事となりました

20171018_160630


一応 ビニールで養生しておきました。

20171018_162000


次回は 普通に雨が降るとの事ですので、現場作業は中止にして
本日撤去した板を元に 当店倉庫内にて 新規の板の作成等を
行いたいと思います。





hojyotosouten at 00:47コメント(0)大分県津久見市sa様宅 塗装 シーリング工事  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
当店ホームページ↓
本日の閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去の塗装工事記録
●モルタル外壁塗装工事
木部漂白&防腐剤塗装
モルタル外壁塗装工事,木部漂白&防腐剤塗装
●サイディング外壁塗装工事
サイディング外壁塗装
最新記事
一応登録しました
人気ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ