2016年11月29日

【18】雨戸 戸袋塗装 | 大分県臼杵市K様邸 塗装工事

28年11月26日 「2名」 累計26.3人|予測30人


朝一番 取り外しておいた軒樋を復旧しました。 

20161126_081649


その後 雨戸があるサッシのみ 養生を撤去

20161126_081655


通常の養生では白い下塗を使うと テープラインに白がじわっと 出るのですが
あの紫色のテープを使うと 9割くらいは出ないようです

20161126_081753


20161126_084538


その後  雨戸を取り外して 下におろします。
このタイプの雨戸を取り外して塗るのは今回が初めてで、▼こういう具合に重ねると
塗布面にべちゃっと くっついてしまうようです。 それは大変都合悪いんで、、

20161126_094808


なにか緩衝材になるものは無いかと車の中を探したら ▼のスポンジを発見したので

20161126_094816


これをサッシの端っこにガムテでくっつけて 重ねた時に雨戸の裏側と塗布面が付着しないよう
にしておきました。 多分大丈夫と思います。

20161126_094918


その後 相方には四隅のアルミ部分の養生

20161126_100634


この雨戸はツルツルでは無くて 凹凸模様(エンボス)が入ったタイプなので
凹んだ部分に対しての馴染みが良いように タワシ状のものでケレン。

20161126_122158


私は10時頃から、戸袋のブース状の養生を行いました。
剥がれにくいように 裏側からもテープを貼っております。

20161126_102503


飛び散らないように 剥がれないように 人が通行できるように なる早で済むように
無い頭をフル回転させながら貼っていきます。

20161126_111957



20161126_142644


合計9箇所のブース養生後 追加でメッシュシートや布シートで
寸足らずだった部分を覆います

20161126_144055


戸袋部分に使用する下塗材です。 

20161126_150446


20161126_151515


ガッツリとケレンして  2液型のリフノンを使用しているので
自然に剥がれるという事は まず有り得ないであろうと思います。

20161126_152310


9箇所の戸袋の吹付けが完了後 残った時間で 雨戸のケレンの続きを行いました。

20161126_162352


日曜を挟んで 月曜日に仕上げ吹きを行うのですが 雨天の予報でしたので
ナイロンの裏側に水たまりが出来ないように 水抜き穴を開けておきました

20161126_171147


次回 仕上げ前に塞ぎ直します

20161126_171611








hojyotosouten at 03:27コメント(0)トラックバック(0)大分県臼杵市K様邸 外壁 屋根 塗装工事  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
当店ホームページ↓
本日の閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去の塗装工事記録
●モルタル外壁塗装工事
木部漂白&防腐剤塗装
モルタル外壁塗装工事,木部漂白&防腐剤塗装
●サイディング外壁塗装工事
サイディング外壁塗装
最新記事
一応登録しました
人気ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ