2016年11月21日

【13】外壁下塗 上塗1回目 | 大分県臼杵市K様邸 塗装工事

28年11月21日 「1名×0.8」 累計17.3人|予測30人


予報では午後からお天気が崩れるとの事でしたので 相方にはお休みと告げておりました。
私も お休みして倉庫の片付けを朝からやっておりましたが、曇り空ではあるものの
雨が降る気配が無かったので、やっぱ出勤しようと思い、9時半頃に現場にきました。

屋根面の塗装は もし雨降られると悲惨な事になるので止めにして
外壁の下塗りの続きを塗布  西面と南面の途中

20161121_101512


降る事もなく 丁度お昼頃に下塗が完了。

午後からは 昨日下塗を終えている 東面と北面に上塗1回目を塗布する事にしました。

見積では A B C D と上塗剤のラインナップがあり 採用予定は
 Cの  ハイパービルロックセラ/ロックペイント でしたが
 Dの アクアシリコンAC2/関西ペイント に変更しました。
CとDを比べて 耐候性はどちらが上か? なんともいえない部分がありますが
双方を使い比べて 明らかに違う と感じたのは「塗膜の柔軟性」で Dのほうが
柔らかい(ゴムっぽい)です。  打ち換えを行った縦目地シーリングの上に
塗膜が乗る形になるのですが、非常に柔軟性のあるシーリング剤の上に
硬い塗膜が乗ると どんな材料であっても塗膜にクラックが必ず入ります。
ただ塗膜が割れるだけで、「シーリング」が割れたり切れたりしなければ
防水的には全く問題はありません。 変更したDの柔らかい材料でも数年経過すれば
塗膜割れは起きるのですが、Cよりも割れにくい という事を過去の現場で確認済
です。  CもDも同グレードの 水性1液型アクリルシリコン樹脂塗料ですが
1缶あたりの価格は Dのほうが6000円位高いです。ネット検索するとわかります。


当方判断による変更で差額は自腹ですので どうしようかだいぶ迷ったんですけど
60本使用予定だったシーリング材が結局46本位で済んだのと
いくら目地上の塗膜が割れても問題無しであっても 施工後数ヶ月も経過しないうちに
パリパリ割れてしまったら あまりにも切ないので、、、
D アクアシリコンAC2 にしました。   あと、上塗1回目と2回目は色違いで施工します。

20161121_124334

↑ の右側の缶に同一材料の在庫色を混ぜて  仕上げ色より薄い
上塗1回目用の色を作ります。


あとは刷毛とローラーで 淡々と塗布。  夕方あたりから降るかも?
と思ったので東面と北面のみで止めておきました。

20161121_133521


残った時間で仕上がった軒裏に外壁色と見切りをつける為のテープを貼りました。
順序的には 上塗1回目の前に貼るんですけど、降り出す前にバンバン
塗布して乾かしておきたかったので ↓ は後回しにしました。

20161121_162713

結局 夕方まで作業出来て 2人で朝から来ておけば、、、と思いました。

明日は晴天のようなので 2名で参上し
大屋根の上塗2回目(仕上げ) と壁面の上塗1回目&2回目 を
予定しております。






hojyotosouten at 22:48コメント(0)トラックバック(0)大分県臼杵市K様邸 外壁 屋根 塗装工事  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
当店ホームページ↓
本日の閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去の塗装工事記録
●モルタル外壁塗装工事
木部漂白&防腐剤塗装
モルタル外壁塗装工事,木部漂白&防腐剤塗装
●サイディング外壁塗装工事
サイディング外壁塗装
最新記事
一応登録しました
人気ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ