2011年10月13日

23年10月12日(水)津久見市入船ブランコ様宅の記録

10月12日 屋根下塗り,その他(人員2名)【累計26.5人工】

朝から快晴。眠気と戦いながら更新中です。

PA120657

今日から屋根の塗装工程です。朝一番から私は雑用です。昨日、妙に気になってた事をやります

PA120659

付け根のとこにシーリングが施してあり、この油っ気が、瓦の上に流れてるようです

PA120660

そいつを摘発性の強いシンナーで脱脂しようと思います。

PA120658

1枚1枚拭いて油ぶんを取り除いておきます。←やってる途中で意味あるか?と思ったんですが、
過去に、この事が原因で、ポツポツ と気泡のように塗料を弾いた苦い思い出があったので、
一応やっておきました。

PA120661

で、先程のシーリング部分に専用の接着剤を塗っておきます。

PA120662

が、、しかし、先日トタンに塗った錆止め塗料と今日の接着剤が干渉してしまい、錆止め塗料を
溶かしてしまいました、、、しまった、、そうだった、、錆止めは「弱溶剤塗料」 接着剤は「強溶剤塗料」
そりゃそうなります。

PA120663

どうしようか迷いましたが、このままは気持ち悪いので、サンドペーパーで削り落とすことにしました。

PA120664

この状態にもう1度リセットした後、再度接着剤を塗っていきます。
昨晩が寝不足だった為か、、、チマチマした事をミスって、さらにチマチマするハメに、、、、、、
ミイラ取りがミイラになる状態です

PA120665

その他のシリコーンシーリングに先程の接着剤を塗っておきます

PA120667

で、今度は強烈に固まるパテを準備

PA120666

差し替えが困難な部分の瓦に、細いひび割れが2箇所あったので、補修。
この部分は、先日の瓦担当の幸さんが、仮に水が入っても平気なように、トタンを下敷きにしてくれてます

PA120668

私は10時半頃まで、そういった雑用をしてる間に、相方は吹き付けの為の養生を進めます。

PA120669

ほんで、全体を強風の出る機械で、ホコリなどを飛ばしておきます。
昨日洗浄の時にすすぎ洗いをしてるんで、そんなにホコリは舞ってはいませんでしたが念の為。

PA120673

で、瓦の下塗り塗料の準備。使用するのは、「2液型」という2つの液体を計量、混合しながら使うタイプで
一度混ぜると、科学反応で急速に固まるので、自然乾燥の「1液型」よりも下地への密着が良いです。
今回のような、セメント瓦の場合、1液型水性塗料 を使う事も多いのですが、ブランコ様宅は、
現状がけっこうツルツル肌です。ツルツルの場合、塗料のくいつきが弱い為、1液よりも密着に優れる
2液だな、、と思い使ってます。

PA120670

まず、端っこは吹き付け不可なので、刷毛塗り

PA120671

樋に隠れてしまう軒先も同様に刷毛塗り

PA120674

PA120675

ところどころ地肌が荒れてる箇所があったんで

PA120676

吹き付け前に、増し塗りして、できるだけツルっとさせておきます

PA120677

PA120678

お昼から、機械&材料の準備をします

PA120679

周囲への飛散が少ないハズの道具を使います

PA120680

あとはバンバン吹き付けていきます

PA120682

ビデオです



実はこの最中、お隣のおばあちゃんが、庭でお米をじゃりじゃりやってたので、ちと気まずかったんですが
うーん、、まぁ近隣のノリ的に大丈夫! と判断し、続行しました。
軒先を吹く場合は、樋の中にベニヤ板を敷いて、樋などを汚さないようにしときます

PA120684

PA120689

材料を多めに作っておいたので、一番人の目に入る「1階の北面」のみ、下塗りの2回目を
いっておきました。少しでも表面の凹凸を消したかったので

PA120691

2回目の様子です。全体にさぁっと吹きつけておきます。



これくらいつるっとしておけば仕上りも、良い具合になると思います。

PA120685

屋根の吹き付けは非常にあっという間で、1工程全面塗るのに2時間ちょいくらいです
明日、上塗りを2回かけて屋根の塗装は完了です。

ちなみに下塗り塗料RMプライマーは屋根面積100平米ちょいに対して2缶新品を用意しておいて、
先日のトタンの錆止めの時に
満タン16㌔中1.4㌔使ったので、その余り14.6㌔+もう1缶の16㌔で、計30.6㌔を
全部使い果たしました。↓の配合表のシンナーでの希釈率は、ローラー塗りの時のもので
通常、吹き付けの時は、これよりもシンナーを多く入れるんですが、今回はなるべく厚めに塗りたかったので
このままの希釈率で塗った為、材料の消費が激しかったんだと思います。
それともうひとつは、やはり吹き付けは材料のロスが大きいようです。

PA100591

ちなみに、現状がガサガさで表面をつるっつるに仕上たい場合は、
目止め効果のある下塗り塗料を、刷毛で1枚1枚塗って凹凸を消し、上塗りは吹き付け とすれば、
多分つるっつるに仕上がると思います。ご希望の方は言ってください。若干高くなりますが、、、

板井氏が屋根の吹き付けしてる間に、私は残っていた雨樋の塗装前下地調整しときます。
まず研磨剤でこすって傷を入れる目荒し。

PA120686

PA120688

上写真の矢印部分の金具には亜鉛メッキ専用の下塗り。

PA120687

今回も、樋を研磨して、金具をこすって、下塗りして、以上の作業で1人工くらいはかかってます。
雨樋についての世間一般仕様は、樋も金具も下地調整無しで、いきなり塗る事です。
↓ 左側がブランコ様宅。右側はお隣さん。(4年くらい前に地元のペンキ屋さんに塗り替えてもらったそうです)

PA120692

塗った雨樋をよーく見てみると

PA120693

剥げちゃってます。で剥げた部分をみると、ツルツルで、全く下地処理無しなのがよくわかります。

PA120694

これでも丁寧にやってくれた、、と施主様が喜んでいるんならそれはそれで良しとしましょう。

100%の仕事をするにはお金が必要です。今回のブランコ様宅も、
「ここはこんなもんで良かろう、、」と目を瞑ってる工程も正直あります。
多分、全てを目を瞑らずに仕事をしようとしたら、2人で1ヶ月そこらじゃ工事は終わりませんし、
金額も、屋根、壁の塗り替えで、200万円を軽く超えると思います。
でも、そんな見積りを作ったら、間違いなく当店は潰れてしまいます(T_T)
ので、やはり、さじ加減は必要で、少々は手を抜かないとやっていけないのが現状で、
本物の職人仕事って無理だと思います。その為、自分の事を職人ってあまり言いたくありません。
お客さんには自分達の事を「作業員」となるべく言ってます

しかし、他店のHPに、2人で7日の仕事で、本物の職人仕事みたいに書いてあるのを見るので
その人達にとってはそれが職人なんだと思います。


と、、、いったような事を、昨日眠りにつく時考えていたら、夜中に「金縛り」にあいました。
生まれてから2度目です(笑)





















hojyotosouten at 01:18コメント(0)トラックバック(0)津久見市入船ブランコ様宅の記録  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
当店ホームページ↓
本日の閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去の塗装工事記録
●モルタル外壁塗装工事
木部漂白&防腐剤塗装
モルタル外壁塗装工事,木部漂白&防腐剤塗装
●サイディング外壁塗装工事
サイディング外壁塗装
最新記事
一応登録しました
人気ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ