2011年10月11日

23年10月10日(月)津久見市入船ブランコ様宅の記録

10月10日 木部上塗2回目,鉄部サビ止め,瓦下地(人員2名+瓦班半日)【累計23.5人工】

更新は11日にしておりますので、昨日の日誌になります。朝から我々2名+瓦班2名という体制です

PA100576

朝一番から前日の続きの木部の上塗り2回目をいきます。

PA100581

裏面の2cmくらいの狭い部分は前日に1回塗ってありますので、それでお終いにして、表面のみ
2回目を塗っていきます。私は10時までこれをやって、相方は14時頃までやってました。
やはり、表面のみだけだと早いです。

PA100582

10時から、私のみ ↓ の小庇しというトタンの下地調整をしておきます

PA100586

ビニールで養生する前に、ペーパーでこすっておいてね、、と言ってたつもりでしたが、どうやら忘れていた
箇所があったようで(怒)、、、、サンドペーパーで目荒し。

PA100592

そして、写真の矢印部分の処置。よく見るとシリコーンのコーキングでした(怒)

PA100585

表面をタワシでゴシゴシして清掃した後、周囲を掃き掃除

PA100587

その後接着剤的液体を塗布しておきます

PA100588

いつも使用している「シープラ」が切れたので、そんな時の為の代替品を使いました。
速乾性です。

PA100584

各庇しの釘穴全てに同様の処置

PA100589

その後、強風の出る機械で、ホコリを飛ばして清潔な状態にしておきます。

PA100595PA100596

木部塗りが14時頃に終わった板井氏が、そのトタンにサビ止め塗料を塗っていきます

PA100593

1液型よりも下地への密着に優れた2液型タイプの製品を使います

PA100590

主剤 硬化剤 専用シンナー の配合表です。

PA100591

先程の庇しも同様に塗り。

PA100604

PA100594

相方が錆止め塗りをしてる最中、私はまた下地調整です。今度は雨樋の塗る前準備です。
まず、柔らかめの研磨剤で目荒し

PA100601

金具はワイヤーブラシでごしごし

PA100602

ホコリをはらって、金具に対しての下塗り。

PA100600

PA100605

上塗り塗料の密着の悪い亜鉛メッキされた金具に対しての専用品です

PA100597

私は昨日は、ほぼ1日こすってばっかりでした。

瓦班はというと、朝から最後の1階北面の雨仕舞い。

PA100577

外壁側の付け根の瓦に細いクラックが入っており、雨漏れするような事のなさそうなモンでしたが、
この部分は瓦の差し替えが困難なので、そのかわりに、トタンを入れて雨仕舞いしてくれてました。

PA100578

そして軒先から瓦をかぶせて完了

PA100580

それ+↓ こういう箇所のモルタル補修

PA100583


でこの日の記録はお終いです




hojyotosouten at 23:03コメント(0)トラックバック(0)津久見市入船ブランコ様宅の記録  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
当店ホームページ↓
本日の閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去の塗装工事記録
●モルタル外壁塗装工事
木部漂白&防腐剤塗装
モルタル外壁塗装工事,木部漂白&防腐剤塗装
●サイディング外壁塗装工事
サイディング外壁塗装
最新記事
一応登録しました
人気ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ