2011年09月15日

23年9月15日(木)大分県津久見市いし様邸の記録

9月15日 屋根上塗2回目、その他、手直し(人員2名)【累計33.5人工】

昨日に引き続き、屋根の上塗り2回目(仕上げ)です。↓ は朝一番撮影した写真です。

P9150420

まず、昨日と同様に、トタン部分を先に刷毛塗りで仕上げ。写真じゃわかりにくいですが、
同じ黒でも、1回と2回じゃ艶感が違います。

P9150423

トタン部分の出来上がりです。この部分を屋根面と一緒に「ローラー」で塗ると、かなり早く仕事が終わりますが
こういう滑らかなつるつる肌には、ならない様です。

P9150424

で、屋根面の上塗り2回目。これで仕上げになります。

P9150425

その時の様子です



下屋根の仕上りです。

P9150436

今回の いし様邸のカラーベストの塗装工程をまとめると以下の通りです。

①高圧洗浄170㌔圧 ターボノズルで、洗浄時間約5時間弱。
②大きな割れ、欠けは、2成分型ボンドで固定。接着。(あまり目立たない欠損部分は省略してます)
③トタン部分の内部木材点検(OKでした)(シーリングもOKでしたので未処置)
④トタン部分 全面サンドペーパー研磨後に2液型錆止め塗料を刷毛塗り
⑤強風の出る機械で、これまで出たホコリを清掃。
⑥下塗り① 2液型浸透性シーラーを、刷毛で重なりを塗った後、平面をローラーで塗布。
⑦下塗り② 2液型プライマーを、⑥と同様の塗り方で塗布
⑧縁切り部材タスペーサー03 を挿入(もともと隙間が激しく開いてる箇所は あえて未挿入)850本くらい使用
⑨トタン部分を180番の細かいサンドペーパーで再度研磨して肌の平滑処置。
⑩再度ブロアーで⑧⑨の時に出たホコリを清掃
⑪トタン部分を上塗り1回目の刷毛塗り
⑫屋根面を⑥と同様の塗り方で上塗り1回目塗布
⑬トタン部分の上塗り2回目を⑪と同様に塗布
⑭屋根面を⑥と同様の塗り方で上塗り2回目塗布

という工程で仕事しました。


実は、私が雇われ作業員時代は、いし様宅くらいの100平米ちょっとの面積のお宅の場合
高圧洗浄を除く、屋根3回塗りを「2人で1日」で終わらせてました。 ↓ こういう感じの仕様です。


①高圧洗浄120㌔圧で普通のノズルで洗浄時間が、1時間半くらい
②屋根下塗り
③屋根上塗り1回目(刷毛を使わず、ローラーのみで、トタンもイッショクタにバンバン塗る)
④屋根上塗り2回目(上記と同じ) ↓ こういう具合に縦方向にゴロゴロ塗りです

P1010436

朝一番に①下塗りシーラー塗布 ②11時くらいから上塗り1回目 ②15時くらいから上塗り2回目
という具合に、上記の仕様や塗り方で作業を行い、1日で終わりました!と報告してました。
1日に3回塗っても、メーカーの乾燥時間のマニュアル的にはOKですし、
施主様や近所の見物人からも仕事が速くて、手塗りで丁寧ね。と評判も良かったです。

が、多分そういう仕様で塗り替えたであろうお宅が、いし様の屋根の上から拝見できました。↓ 本日撮影。

P9150422

トタン部分のペンキが剥がれています。このタイプの瓦は水性塗料仕上げで塗る事が多く、
きちんとやろう思ったら、トタンを研磨する目荒し を行い、密着の良いシンナー希釈タイプの錆止め塗料を
塗布後「同系統」の上塗りを塗る。のがトタンに対しての正しいレシピです。

が、屋根面とトタン面を違う塗料で塗りわけるのが面倒。ペーパーで研磨するのも面倒。
錆止め塗料塗るのも、さらに面倒。 という事で、イッショクタに塗れば1日で終わるやん!というノリと思います。
それでも遠くからパッと見ただけではバレませんし、雨漏れする訳でないんでそれはそれでOKだとも言えます。
ひどい話のように思いますが、それが世間一般的なんすよ、、、、

自分も屋根の3回塗りなんか1日で終わるもの、、、と当たり前のようにやってましたし、
手早く仕事を終わらせるのが本物の職人。というのが、この職種(業界)の常識です。

朝9時頃に現場入りして、動きがのろく、段取りの悪い使えないおっちゃん みたいな人の集まりでも、
屋根 壁の塗装を2人で1週間(14人工)で仕上げてしまう一級技能士のお店もあれば

朝8時前には現場入りして、スピーディーなキレのある動きで段取りも良く、
夕方ギリギリまで頑張っても、屋根、壁の塗装を2人で1ヶ月半(50人工以上)くらいの工期がかかる(かける)
曽根氏みたいな人もいる訳で、同じ塗装工事でも、それだけ作業の精度に差があるんですねー。
↑ この領域にいくと、ほぼ間違いなく当店は潰れてしまうので、同じ事はできません。

といった事を言いたいがために、長々書いてみました。

ちなみに先程の動画のような塗り方も曽根氏から学び、40年の職歴の相方の板井氏は、当初
「そんな面倒な塗り方する奴は聞いた事ねぇー」 と驚いてましたが、私も見た事も聞いた事もなかったです。
が、縦方向のみローラーでゴロゴロ塗りすると、確かに重ね目に塗料が溜まってしまいます。ので
非常に理にかなってると思います。 ま、(一応)私が社長なので、実践してもらいました。


続きに戻ります。屋根の上塗り2回目が14時過ぎに完了。その後、板井氏には、付帯物の残りの塗装。
私は、手直しにまわりました。塗装した雨樋を取り付けた際に傷が入ってしまいましたので、それの修正

P9150432

玄関上の樋は、人目につく場所なので、手直しではなく、まるっともう1回塗ってしまいました。
金具部分に塗料をつけないように、そぉっと

P9150433

その後、木部を塗った時の塗料が外壁に付着したりしてる箇所の修正。
相方の板井氏はこういうのを、こぼさず汚さず仕事する人なんで、いつも文句言われます。

P9150435

グラデーション塗りした部分との境めも手直し。

P9150437

下屋根のぼこっと欠けてしまっていた部分は先日、切ってパズル式にくっつけてパテをしましたが、
段差が気になり、今日もう1回パテで平滑にして、屋根材の模様 |||||| ←こういう模様もつけてみました。
、、、、が、若干目立ってしまう訳ですが、、これが限界ですm(__)m  

P9150438

カラーベストは差し替えが困難なので、こういう時とても困ります。2階の目立たない箇所なら良いんですが
けっこう見える場所なんで、、、うーん、、いし様にもこの件は、すいませんm(__)m と謝りました。






hojyotosouten at 23:55コメント(0)トラックバック(0)大分県津久見市いし様邸の工事記録  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
当店ホームページ↓
本日の閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去の塗装工事記録
●モルタル外壁塗装工事
木部漂白&防腐剤塗装
モルタル外壁塗装工事,木部漂白&防腐剤塗装
●サイディング外壁塗装工事
サイディング外壁塗装
最新記事
一応登録しました
人気ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ