2011年09月10日

23年9月10日(土)大分県津久見市いし様邸の記録

9月10日 木部上塗り 雨樋塗装(人員1名)【累計25.5人工】

昨日は雨天でお休みを頂きました。で、今日も時々降るかも?といった予報でしたので、板井氏にはお休みを
告げていました。が、空を見ると明るかったので、9時過ぎから私1人で現場入りしました。

P9100328

一番に先日の続きからです。先日に目荒しして錆止めを塗った屋根の先端の唐草トタンに上塗りします。
この部分も上塗り2回かけるのが100%の仕事ですが、雨樋が入れば
紫外線の影響をそんなにうけないと思うので、上塗りは1回だけで目を瞑るとします、、、、

P9100329

それと平行して破風板の上塗り3回目(仕上げ)です。2階の西面~北面~東面~南面と時計まわりに進めます
↑ が西面 で ↓ が北面

P9100330

東面。  南面(正面)は撮影し忘れました。
(南面は塗ってないんだろ、、、とか思うひねくれた人いるかも知れませんが、そんなしょうもない事しません)

P9100331

玄関周囲

P9100333

で、お昼前くらいに完了。見積り的にはこれで終了です
でも、よくよく見ると、若干ですが、肌の滑らかさに欠けます。5分くらいどうしようか考えましたが、、

P9100336

4回目を走る事にしました。3回目と同じ位置からスタート。
↓ は東面です。但し、4回目は、破風の表面と下っ面のみで広小舞という雨樋で隠れる部分は省略してます

P9100335

上塗り4回目塗り後のアップです。顔が映るくらいになると(自己)満足です。

P9100334

2階南面

P9100338

玄関周囲4回目後(仕上り)

P9100340

同じく

P9100341

動画でも撮ってみました



木部塗装終了後、外しておいた雨樋を足場の上で先に塗っておくことにしました。

P9100343

まず、表面を研磨剤でこすって塗料のくいつきを良くする目荒し。その後ホコリをはらいます

P9100344

そして刷毛塗り。外して塗るのは今回始めてですが樋がついた状態の時より断然早いうえに、
繋ぎ目なく塗れるので、綺麗に仕上ります。

P9100345

使ってるのは、専用シンナーで希釈する弱溶剤2液型シリコン樹脂塗料。屋根用の材料です。

P9100342

夕方6時くらいまで続けて、2階の西、北、東 の軒樋を塗り終えました。

P9100346

最初、破風板の色(モスグリーン)と同じ色で樋も統一する予定でしたが、今回、軒樋を固定する金具を
交換することになり、それの色が黒か茶しかなかったので、黒の金具を発注し、樋色も黒にしました。
外した既存金具は5寸の長さですが、同じ長さだと抜け落ちる可能性あるので、少し長い6寸にしてます。

P9100347

ちなみに、今回注文した金具は、錆びないステンレス製ではなく、亜鉛めっきです。
こういう打ち込み式の樋金具の場合、ステンレス製にすると、いつまでも表面がつるつるな為
10年後?とかに抜け落ちやすくなるんだそうです。

亜鉛の場合、年月経過と共に、表面がざらついた具合になり、そのガサガサが打ち込んだ木にくいつく為
抜け落ちる心配が無いんだそうです。いつもお世話になってる山本板金さんから教えてもらいました。

という事で、1日お天気はもちました。良かったです。








hojyotosouten at 22:22コメント(0)トラックバック(0)大分県津久見市いし様邸の工事記録  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
当店ホームページ↓
本日の閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去の塗装工事記録
●モルタル外壁塗装工事
木部漂白&防腐剤塗装
モルタル外壁塗装工事,木部漂白&防腐剤塗装
●サイディング外壁塗装工事
サイディング外壁塗装
最新記事
一応登録しました
人気ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ