2011年04月15日

23年4月15日(金)臼杵市大野 塗り替え現場より


4月15日 鉄部下地処理/養生(人員2名)

更新が追いつきました。高圧洗浄後翌日、何をするかというとの朝一番から、
鉄部のサビ止め塗りから入ります。
3つの液体をメーカー指定の配合比率を守って調合する事で、科学反応で
硬化する密着性の良い材料です。

P4150001

いきなり塗るのではなく、下地調整からです。↓ その時のビデオです



といった一連の工程を鉄部に施します。

P4150010P4150011


P4150012

私がこすって、掃除、相方がサビ止め塗り。
2人で朝から昼までかかりました。 お昼からビニール養生なので
資材を事務所と倉庫に取りにいきましたので今日の昼ご飯はひさびさに
事務所で食べました。  ↓ この写真は事務所入り口です。
建物は私の手作りです(^^; 玄関ドアの木と腰壁の木 色が違うでしょ?
腰壁=防腐剤塗装済み ドア=無塗装 です。こんなに痛み方が違うんですね

P4150013

事務所の横はいらんもん置き場です
すごい事になってます(T_T) 空の缶やビニールゴミが、、、、
足の踏み場がありません。やばいっす、、、、すぐこんなんなっちゃいます。

P4150014

昼から現場へ戻り作業再開! 窓サッシなどの養生をしていきます。
私んとこの養生には、少々こだわりがあります。
①まず塗りわけライン専用の紙テープをはります。面倒でも指できっちり押さえて
段の部分にもカチッとフィットさせる事で、塗料がにじんできません。

P4150015

その後、マスカーというナイロン付きのテープを貼ります。普通このマスカー
のみで貼りますが、先程の紙テープを予備に貼ったほうが、真っ直ぐ綺麗な
ラインが出るので最近はずっとこうしてます。最初に手間かければ後で
手直ししなくて済むわけです。

P4150016

その後、所どころに裏返しに1本ガムテープを貼ります。
これはやってる人多いです

P4150017

ナイロンを垂らし、裏返しにしたテープに貼る事で風でバタバタ煽られずに
済みます。 

P4150018

午前中サビ止め処理をしたトタン庇もナイロンを被せます。

P4150019

↓ こういう水切りも養生。

P4150020

養生ナイロンは工事が終われば「ゴミ」になりますが、見方によっては
一種の芸術です。いつも100%を目指してますが、
ありゃ、、、ここ、、、にじんてしもた m(__)m てことはちょくちょくあります。
後で手直しする訳ですが、シカツ に決める為に努力をするというのは
おもしろいもんだと思います。これを剥ぐ時に今日の仕事の精度がどうだったか
バレバレです。楽しみにしています

明日も晴れる事を願っております





hojyotosouten at 23:39コメント(0)トラックバック(0)臼杵市大野K様宅 外壁/屋根/塗装工事  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
当店ホームページ↓
本日の閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去の塗装工事記録
●モルタル外壁塗装工事
木部漂白&防腐剤塗装
モルタル外壁塗装工事,木部漂白&防腐剤塗装
●サイディング外壁塗装工事
サイディング外壁塗装
最新記事
一応登録しました
人気ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ