2011年02月19日

23年2月19日津久見市宮本町塗替え現場より

2月19日(土)付帯塗装(雨戸・破風)(人員2名)

本日は快晴なり。工事も終盤にさしかかってきました。

P2190096

8時半に現場到着して、さぁ雨戸を吹きつけする段取りを、と意気込んで
おりましたが、途中で材料が足りない事が判明(T_T)
相方を残して私だけ大泊の倉庫へ取りに帰る事になりました。最悪です(-_-;)
峠道を往復してる途中、ダンプカーに衝突しそうになりました。最悪です。
1年前の今頃は本当に4トンダンプにつっこまれました。車は廃車です。
今回雨戸は刷毛塗りではなく、吹きつけですがA様のお隣は歯医者です。
なので、細心の注意をはらって施工します。

P2190097

まず雨樋の時と同じように表面をヤスリで研磨して細かい傷を入れ
塗料の密着を良くする目荒らしをします。

P2190098

その際に出たほこりをはらって掃除した後、周囲に飛ばないようにビニールで
養生していきます。

P2190101P2190102

P2190103P2190112

合計で11箇所あるので目荒らし+養生で2人でお昼までかかりました。
今回は2液型弱溶剤シリコン樹脂塗料を2回塗りします。

今回は雨戸の中身は既存のままで表側の戸袋のみ施工するようにしました。
いつも、見積りの際に全部塗るか?戸袋のみにするか?何もしないか?
を聞いていますが、台風の時以外は閉めっぱなし、という施主様の場合は
中身まで全部塗る必要は無いと思います。けっこうお金かかるし、、、

これも樋と同様にほたったから錆びて腐るようなもんではなく美観の問題です。
、、、が、ペンキ屋としては仕上たくなるもんです。

↓ こういうエアーコンプレッサーを使います。機械で圧縮エアーを作り
ホースを伝わり手元のガンから塗料を霧状に噴射する仕組みです。

P2190106

今日は土曜日です。歯医者さんも午前で診療が終わります。
狙った通り午後から絶好の吹きつけのタイミングです。
従業員の方の車が2台だけあったので、専用のカバーをかけておきます。

P2190105

そして吹きつけます。
雨戸は刷毛塗りする場合と吹きつけする場合とありますが、吹きつけのほうが
綺麗に仕上げやすいです。

MP4_000011533

そして私は昨日の続きの1階破風部分の上塗り2回目をいきます。
2階は昨日全て仕上げています。
↓ これが破風上塗り2回め(仕上げ)の状態です。艶で反射して足場の影が
写っています。「安物塗料の1回塗り」では表せない艶感だと思います。

P2190113

ということで、あと1日で全て完了しそうです。(片付けと掃除)が残るかも?

早く足場にかけたメッシュシートを外して全体を見たいですが
もうちっと我慢です。

今日は妻が風邪気味で熱もあったので子供と「ポカリ」を買いに行って
きました。これを大事そうに抱えて「ダイジィ」と言いながらレジの店員さんに
渡します。子供の成長とは早いもんですね。

P2190115





hojyotosouten at 23:05コメント(0)トラックバック(0)津久見市宮本町塗替え現場  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
当店ホームページ↓
本日の閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去の塗装工事記録
●モルタル外壁塗装工事
木部漂白&防腐剤塗装
モルタル外壁塗装工事,木部漂白&防腐剤塗装
●サイディング外壁塗装工事
サイディング外壁塗装
最新記事
一応登録しました
人気ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ