2011年02月18日

23年2月18日津久見市宮本町塗替え現場より


2月17日 *雨天休み
2月18日(金)付帯塗装(破風・雨樋)人員2名

昨日は呪ったように雨が降りましたので休工。
今日は曇り空です。相方の板井氏も風邪から復活しました。
昨日の続きの破風・樋の塗り物からスタートです。

↓ 髪を切ったらしいですが、例によって「もじゃ毛」です。
元ボクサーの具志堅さんに似ています。

P2180081

一昨日のように、狭い箇所は小さい刷毛で奥まできっちり塗りこみます。

P2180082

2階の破風は一昨日、上塗り1回目を塗っているので、今日は上塗り2回目
をいきます。*1階部分は今日1回目です。
黒の上に黒なんで、写真ではちとわかりにくいですが、

P2180087

↓ こうやって見ると、違いがわかります。 

P2180088

それと平行して雨樋の塗りに着手します。
まず先日の目荒しによって出た ほこりを掃除用の刷毛ではわきます。

P2180089

A様宅は樋と破風の間隔が狭いので、破風側の狭いとこは小さい刷毛で奥まで
きっちり塗りこみ、平面は普通の刷毛でいきます。

P2180090P2180091

こういった雨樋などの平滑な面を塗る時は、なるべく高級な刷毛を使う事が
ポイントです。安物は刷毛のスジが出て仕上りが見苦しいです

P2180092

2階の北面の破風上塗り2回目 雨樋上塗1回(仕上り)の写真です。

P2180093

ちなみに雨樋は塩ビなので、塗装しても耐久性はあがりません。
塗らなくても痛む事はありません。その為、どこの店でもそうでしょうが、当店でも
樋は「目荒らし研磨」+「上塗り1回」という仕様にしています。


「見た目は気にせんわぁ」
という場合、見積りの単価から差し引きます。

この「目荒らし」は省く業者が少なくないので注意しましょう。

、、、とこの辺でタイムアップ。
2階の雨樋の仕上げ、及び、破風の上塗り2回目 が完了。
この塗料は、塗料液と硬化液を混ぜたら次の日には使えなくなるので
余った材料は廃棄します。↓ この廃棄用の缶を「2液塗料の墓場」
と呼んでいます。 

MP4_000012166

明日は私が1階部分の樋・破風の仕上げ。
相方は「雨戸」の吹きつけを予定しています。







hojyotosouten at 23:21コメント(0)トラックバック(0)津久見市宮本町塗替え現場  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
当店ホームページ↓
本日の閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去の塗装工事記録
●モルタル外壁塗装工事
木部漂白&防腐剤塗装
モルタル外壁塗装工事,木部漂白&防腐剤塗装
●サイディング外壁塗装工事
サイディング外壁塗装
最新記事
一応登録しました
人気ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ