2010年04月01日

3/15 津久見市N様邸 塗装工事中継!NO1

この写真はN様宅の見積り時に撮影したものです。
今回ご縁になったきっかけは、1ヶ月くらい前に私が広告を配り
営業活動で声をかけた事がきっかけです。
何を隠そう私の飛び込み営業なのです(^-^)
誰かからの紹介~とかなら格好が良いのですが
縁もゆかりもない業者に依頼してくれたんです。ありがたいことです。
同業者の中で「ふんっ!飛び込みセールスする奴なんかろくな仕事するもんか!」
と思っている方も多かろうと思いますので、
ろくな仕事かどうかはこれから更新する工事記録をご覧くださいませ(^_^v)

P1000281

当初の見積りの際、外壁部分がメインでしたが約8畳ぶんくらいのバルコニーは
新築から全く手をいれたことがなく、かなり水分を含んだ状態になっており
著しく劣化してたのでこの部分の防水も一緒に勧めました。

n04

外壁は築以後、手を入れた経歴はありません。
その為あちらこちらにクラックが出ております。

n01

ここは雨樋の裏の鼻隠しという木部です。新築の際のペンキが剥がれてきております。

n03

N様宅の瓦は数年前に吹きつけを行っており、表面がまだつるつるした状態な為
勧めておりません。

P1000279


軒裏にはプリント合板という素材で当時はこういう素材の軒裏が多く年数経過とともに
このように無残にはがれおちてきます。こうなっては塗装じゃどうにもならないので
「張替え」の方向になりました。

n02

そんなこんなでここの部分はこういう仕様でという3種類の見積りを説明した後
「お宅を信頼して全て任せるわ!」という大変ありがたいお言葉を頂きました。
私はいつも金額や仕様、施工箇所の異なる数種類の見積りを作成します。

よく「この塗料を使うから高いんですよ」という業者さんも多いのですが、
塗装工事の場合はそれだけの安直な問題ではありません。
剥がれかかってる木部は
「いったん剥いで塗るのか?」 「そのまま仕上げるか?」
クラックの補修はどの程度までするのか?
などでかかる人件費もかわり、けっこう複雑です。

仮に3種類提出したとして、一番高いのが一番もつんでしょ?
結局高いのを勧めたいんでしょ?
と言われることもたまにあります。松竹梅あって「竹」とはなにか?とか
「松」とはなにか?とういうのが難しいところです。

この仕様でいった場合は後々こんな不具合が出る可能性が、、、
などを正直に説明するようにしてますが、それはそれで施主様は不安になります。
注文とりやすいようにテキトーな安い見積りを1個作って「これなら20年持ちます!」
と言ってしまえればどんだけ楽か?って思います。

そんなせちがない世の中で、私の施工方針などを理解し
「あんたがいいようにやっちょくれ」と言ってくれた事が大変嬉しくもあり
尚更気合が入ったのでありました(^-^)








hojyotosouten at 00:05コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
当店ホームページ↓
本日の閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去の塗装工事記録
●モルタル外壁塗装工事
木部漂白&防腐剤塗装
モルタル外壁塗装工事,木部漂白&防腐剤塗装
●サイディング外壁塗装工事
サイディング外壁塗装
最新記事
一応登録しました
人気ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ