2016年12月01日

28年11月30日 「2名×1.1」 累計32.5人|予測30人


予報は微妙でしたが けっこう良いお天気でした。

20161130_080519


今日は左官屋さんも来ました

20161130_081803


この部分は、コンクリの基礎で 地面に木が接着しないほうが良いのですが、、、
吸い上げた水分のせいで 腐食を招いております

20161130_081809


相談の結果 構造上 そんなに強度の必要が無い部分なので
タイルのみ剥がして、モルタル塗りにする事となりました。
後日仕上げ との事です。

20161130_105921


相方には終日にわたり手直しに専念してもらいました。
軒裏 外壁 鉄部 樋 etc

20161130_090847




私は取り外した器具類の復旧に専念。

外れていたドレンホースを

20161130_083357


▼で繋ぎます。  在庫があって良かったです

20161130_083401


で、元々のビス穴を再利用して器具を取り付けるのですが
雨がかりの多い部分は穴にシーリングをつめてから

20161130_085308


SUS410(磁石がつくタイプ)のステンレスビスを用いて復旧します

20161130_140138


NTTの台座の板も取り替える事になりましたので

20161130_090125


波板や網戸なども含めて 買うもののリストを作り この後近くの
ホームセンターに買い出しにむかいました

20161130_094028


ここは当初 90°のコーナー部材で収められておりましたが
確かにK様の仰る通り ホースに無理な力が加わります。
リエクエスト通り 45°の部材を購入しておさめました

20161130_114111


あと、↑ のカバーは当時66サイズというものがあったみたいですが
現在は70か77サイズしかホームセンターには在庫しておりませんでした。
多分規格変更になったんだろうと思います。

で、当時の電気工事を担当した方はジョイントパーツを用いずに取り付けて
おりましたので、▼を用いて

20161130_115312

少しサイズが大きいですが一応ジョイントを作りました。
雨が入り込んでも別段害はありませんが、隙間にパテを充填しておきました

20161130_123100


頭の部分にも同様にパテ

20161130_122309



その後 取り外しておいた縦樋の復旧

20161130_133556


軒樋のジョイントパーツを目荒しした後 樋用接着剤を塗り

20161130_134403


切断した部分をジョイント(2箇所)  この後 相方にタッチアップしてもらいました

20161130_134446


NTT台座の板も 

20161130_135433


新規取付け後 塗っておいてもらいました。

20161130_141751

この後 2名で協力して部分的に足場を解体


下屋根の足場(屋根の上塗2回目を行うため)
もう今後この屋根の上には人は歩きません。


20161130_161408


東面の1部(この状態で足場から波板を張りたい為)

20161130_161422


テラスの排水部分は お掃除しておきました

20161130_155248


6尺ピタリで張れるだろうと思っておりましたが、
少し切らないといけないようでした。

20161130_161348


で 張り付け  以前のフックは25ミリ位のものだったようですが
23ミリ以上はお店に在庫していませんでした。
少し短いぶん どうしても少し凹んでしまいます。
こんな角度で見ない限り気にならないとは思いますが、、

20161130_170236


20161130_170246


網戸は先程 倉庫内にて張りました。

20161130_204156


20161130_212927

次回 足場を解体いたします。






hojyotosouten at 00:20コメント(0)トラックバック(0)大分県臼杵市K様邸 外壁 屋根 塗装工事 
当店ホームページ↓
本日の閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去の塗装工事記録
●モルタル外壁塗装工事
木部漂白&防腐剤塗装
モルタル外壁塗装工事,木部漂白&防腐剤塗装
●サイディング外壁塗装工事
サイディング外壁塗装
最新記事
一応登録しました
人気ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ